ヘッダ
 
トップへ 空気環境豆知識 健康住宅について考えよう あなたのお悩み解決アイテムはコレ! 空気情報いっぱいコミュニティ広場 今月のe-airスペシャル
>> Hot News:
Hot News
line.gif
>> 病気を予防し、美しさを保つ方法とは?
>> 花粉症なんとかして!〜予防と対策〜
>> あなたの住まいは大丈夫?〜シックハウス〜
「清潔な空気」は病気を予防し、若さと美しさを保ちます。
花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となり、鼻水、咳、目のかゆみ、湿疹、発熱、倦怠感などのアレルギー症状を引き起こす病気です。
1963年に日光で初めて「スギ花粉症」が発見されて以来、花粉症患者は年々増加の一途をたどり、現在は日本人の約20%が花粉症だといわれています。もはや、国民病といえる「花粉症」は、どのようにして起こっているのでしょうか。

line_577.gif
ウイルス除去で病気を防ぎます。
line_577.gif
恐いインフルエンザウイルスやいろいろな菌により、体調が悪かったり、免疫力が低下していると病気の原因になりますよね。でも、ウイルスは外出した家族やお客様が家の中へ持って入ってきたり、玄関や窓からも侵入します。風邪の原因になるウイルスやインフルエンザウイルス、その他の様々な菌を家族内に持ち込まないことが重要! しかし、普通の生活をしていれば、どうしても侵入を防ぐのは不可能です。そこで、ウイルスや菌を不活化、除去してくれる空気清浄器があれば家庭内での感染が少なくなります。また、鼻、喉の気道粘膜のせん毛が破壊されない様にすることでウイルスの感染を防ぎ、回復もスピーディになります。また、病院の院内感染予防のためにもウイルスや菌を不活化、除去してくれる効果的な空気清浄器があるといいですね。

line_577.gif
アレルゲンを排除してぜん息を予防しよう。
line_577.gif
ぜん息は
1)アレルゲンなどのぜん息の反応を起こす外的要因
2)抗体などの内的要因
3)気道粘膜の過敏さ
これらの3つが揃って、一定の範囲に達した時に発作が起きます。
ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド等の有害ガスにさらされることで、気管支のせん毛が破壊され、気道粘膜が過敏になり、ぜん息の症状は悪化します。アレルゲンとなる有害な有機化合物を排除し、鼻、喉の気道粘膜が過敏にならないように予防するように心がけることが大切。
常に免疫力の高い健康状態を保ち、アレルゲンとなる原因物質に触れないようにしましょう。せめて、家の中への原因物質の侵入を最小限に防ぐか、有害な有機物質を除去できる空気清浄器などを使うことで予防しましょう。

line_577.gif
花粉症を予防するには、鼻の粘膜を鍛え、花粉に触れないことが大切!
line_577.gif
花粉症は
1)花粉という外的要因
2)抗体などの内的要因
3)気道粘膜の過敏さ
これらの3つが揃って、一定の範囲に達した時に花粉症の症状がでます。
ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド等の有害ガスによって、気管支のせん毛が破壊され、気道粘膜が過敏になることで花粉症の症状があらわれます。鼻、喉の気道粘膜が過敏にならないようにせん毛の破壊を防ぐこと。花粉に触れないことが最大の予防です。
花粉シーズンに限らず、1年を通して有害物質などのない「きれいな空気」の中で生活し、鼻、喉の気道粘膜を強化しましょう。それには、基本的な免疫力を強化すると同時に、有害な有機物質を除去できる空気清浄器で「きれいな空気」の中で暮らすことが大切です。

line_577.gif
気管支、気道粘膜を強くして、鼻炎を予防しよう!
line_577.gif
ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド等の有害ガスによって、気管支のせん毛が破壊され、気道粘膜が過敏になると鼻炎を悪化させます。
鼻炎もまた「きれいな空気」の中で生活することで大幅に軽減されます。基本的な免疫力強化、有害な有機物質を除去できる空気清浄器などを使用することで、鼻、喉の気道粘膜が過敏にならないようにし、鼻炎をしっかり予防しましょう。

line_577.gif
肺機能を正常に保ち肺気腫を予防しよう!
line_577.gif
肺気腫は、気管支のせん毛がホルムアルデヒド、アセトアルデヒド等の有害ガスに長い間さらされることで、肺胞が破壊されて起きます。風邪をひいたりすると、ひどい呼吸困難に陥ったり、肺炎やインフルエンザを起こしたりします。
特に、たばこを吸う人に癌患者が多いことから、たばこを吸わない、また、家族やまわりの人が副流煙を吸い込まないことも大切です。たばこの煙や有害ガスを分解除去し、「きれいな空気」の中で暮らすことは呼吸器気道粘膜の損傷を軽減し肺気腫の人はもちろん、肺気腫にかからないためにも有効です。

line_577.gif
シックハウス症候群の予防は有害物質・ガスをなくすことから……。
line_577.gif
シックハウス症候群は、新築住宅やマンションなどの建材、接着剤、塗装剤などから発生するホルムアルデヒド、アセトアルデヒド等の有害ガスの中で呼吸し続けることで起こります。
これらのホルムアルデヒド、アセトアルデヒド等の有害ガスが体内に侵入する前に有機分解すれば、シックハウス症候群の発症を抑えることができます。新しい家や、新築マンションに入居するときには有害物質・ガスを分解除去する空気清浄器などをあらかじめ設置し、住まいを「きれいな空気」にしてから暮らしはじめることでシックハウス症候群を予防することができるでしょう。

line_577.gif
白髪、抜け毛は予防できるのか!?
line_577.gif
白髪、抜け毛は、頭皮の栄養不足、酸素不足が原因です。
一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつきやすく、一酸化炭素と結合したヘモグロビンが血流とともに体中に運ばれるため、身体は酸欠状態となります。(ヘモグロビンの結合力は酸素の200倍)
一酸化炭素を体内に侵入させなければ、血液への酸素の取り入れを妨げません。有害物質・ガスのない「きれいな空気」の中で暮らすことで酸素不足を解消。身体を健康的な状態に保つと同時に、間接的に白髪、抜け毛も予防してくれるはずです。また、白髪、抜け毛はストレスが大きく関係していると言われます。そういった意味からも、清潔な空気の中に住み、空気ストレスを取りのぞくことがとても大切です。

line_577.gif
脳溢血、脳梗塞、心筋梗塞も空気に関係している!?
line_577.gif
脳溢血、脳梗塞、心筋梗塞は、血液がドロドロになり、血液の流れを乱し、血液が固まりやすい状態になることで発症しやすくなります。
一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつきやすく、一酸化炭素と結合したヘモグロビンが血流とともに体中に運ばれるため、身体は酸欠状態となります。(ヘモグロビンの結合力は酸素の200倍)
一酸化炭素を体内に侵入させることなく、酸素を血液へスムーズに取り入れることができれば、血液がドロドロ状態になるのを防ぎ、脳溢血、脳梗塞、心筋梗塞を予防します。そのためにも、家庭内空気環境はとても大切。外出先で汚れた空気を吸っても、自宅で「きれいな空気」の中で過ごせば挽回できるかも!? そのためにも優秀な空気清浄器は絶対に必要ですね。

line_577.gif
「清潔な空気」はアンチエイジングに効果あり!
line_577.gif
人間は酸素が不足すると、疲れが促進され、身体のあらゆるところに障害を起こし老化を早めます。そして、顔にはしわができ、肌のつや・はりもなくなってきます。また、白髪、抜け毛も多くなります。
一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつきやすく、一酸化炭素と結合したヘモグロビンが血流とともに体中に運ばれるため、身体は酸欠状態となります。(ヘモグロビンの結合力は酸素の200倍)
一酸化炭素を体内に侵入させることなく、血液への酸素の取り入れをスムーズにすることで、抗加齢、アンチエイジングをサポートし、顔にしわができるのを遅らせ、肌のつや・はりをより長くキープします。そのためにも「清潔な空気」はアンチエイジングの基本中の基本。化粧品やサプリメントもいいですが、「清潔な空気」と暮らすことでいつまでも若々しく、美しさに磨きをかけませんか!? 
 
 
>> このページのトップへ
Copyright (C) 2005 e-air.cc. All Rights Reserved.