ヘッダ
 
トップへ 空気環境豆知識 健康住宅について考えよう あなたのお悩み解決アイテムはコレ! 空気情報いっぱいコミュニティ広場 今月のe-airスペシャル
>> Hot News:
Hot News
line.gif
>> 病気を予防し、美しさを保つ方法とは?
>> 花粉症なんとかして!〜予防と対策〜
>> あなたの住まいは大丈夫?〜シックハウス〜

あなたの住まいは大丈夫?〜シックハウス〜line_577.gif
シックハウス症候群とは?
line_577.gif
「シックハウス症候群」とは、新築の住宅やリフォームをした住宅で生活している際やまたは新築の仕事場に引っ越しをした際に「目・鼻・喉の痛みや集中力の低下、全身の倦怠感、頭痛」などの症状が現れるものです。
近頃、住まいに関連した病気として、新聞や雑誌等、様々な媒体で取り上げられるようになっていますので、みなさんも何度か目にしたことがあるのでないでしょうか。
省エネルギー対策を背景に標準化してきた「高気密・高断熱住宅」に関連した、比較的新しい病気です。

◇シックハウス症候群のメカニズム
近年の住宅には、家具、壁紙の接着剤や床面の塗料など、化学物質を含む様々な建材が利用されています。室内に有害な化学物質が揮発し、空気環境を汚染します。空気環境を汚染するのは化学物質だけではなく、私たちの生活に関わるさまざまなものが空気の汚染物質の発生源となります。
呼吸により吸い込まれた汚染物質は、血液溶け込み全身に回り、様々な体調の不調を招き、さまざまな症状を引き起こします。
シックハウス症候群の特徴は、原因となる住宅または建物(室内)から離れると症状が改善し、治まることです。
つまり、シックハウス症候群は「室内環境汚染」によって引き起こされるといえます。


建築材料から発生する化学物質・室内で発生する汚染物質と主な発生源

◇優先取組物質を含む可能性のある建材・施工材の例(健康住宅研究会による)
※優先取組物質とは、健康住宅研究会が選定した、室内へ放散した場合に有害性の高い化学物質の中で当面、優先的に配慮されるべき物質のこと。

建材・施工材 含有している可能性のある優先取組物質
合板、パーティクルボード、MDF ホルムアルデヒド(接着剤)
断熱材(グラスウール) ホルムアルデヒド(接着剤)
複合フローリング ホルムアルデヒド(接着剤)
ビニル壁紙 ホルムアルデヒド(防腐剤)、可塑剤
防蟻材(木部処理・土壌処理剤等) 有機リン系、ピレスロイド系殺虫剤
木材保存剤(現場施工用) 有機リン系、ピレスロイド系殺虫剤
油性ペイント キシレン
アルキド樹脂塗料 キシレン
アクリル樹脂塗料 キシレン
油性ニス トルエン、キシレン
技報堂出版/社団法人日本建築学会著 シックハウス辞典より

◇室内で発生する汚染物質と主な発生源
発生物質 主な発生源
CO2(二酸化炭素) ガスレンジ、ストーブ、人体など
CO(一酸化炭素) 燃焼器具の不完全燃焼など
VOC(揮発性有機化合物) 内装仕上げ材、塗料、ワックスなど
ラドン コンクリート、石膏ボード、土壌
NOx(窒素酸化物) 開放型ストーブ、調理器具、煙草など
水蒸気 ガスレンジ、ストーブ、人体の呼気など
臭気 煙草、排泄臭、調理臭など
技報堂出版/社団法人日本建築学会著 シックハウス辞典より



「シックハウス症候群かな?」と感じたら…

シックハウス症候群の中には「アレルギー疾患」、「化学物質過敏症」、「慢性疲労症候群」といったものが含まれます。それぞれの主な症状は以下の通りです。

■アレルギー
ぜん息、アトピー性皮膚炎、じんま疹、花粉症など。

■化学物質過敏症

頭痛、筋肉痛、肩凝り、のぼせ、うつ、意欲・集中力・記憶力の低下、動機、喉の痛み、目・鼻の違和感など。

■慢性疲労症候群
疲れやすい、微熱が続く、リンパ節が腫れるなど。

新築、リフォーム後の住まいで、このような症状がでたら、シックハウス症候群を疑いましょう。
個人差があり、症状の出る人とまったく出ない人がいるので、「気のせいかも」と先延ばしにするとどんどん体調は悪くなるばかりです。
できるだけ早期に病院などで診察をうけ、適切な対応をとることが重要です。



室内の空気汚染物質の濃度を下げる

前述のとおり、シックハウス症候群の原因は「室内の空気汚染物質」です。
予防または、症状を改善するためには、室内の空気汚染物質の濃度を下げることです。

まずは、煙草の煙や調理時の水蒸気など、私たちの日常生活の中で発生する汚染物質は換気などで除去を徹底し、室内の汚染物質濃度が高くならないように心掛けましょう。

化学物質に関しては、その物質によって除去に効果的な方法が違いますので、まずは室内のどこから発生しているなんという物質かということを調べ、その場所と発生物質にあった除去を行うことです。
空気清浄機は、煙草の煙や埃などには効果を発揮しますが、ホルムアルデヒドなどの揮発性の汚染物質の除去には効果が見られないことが多いようです。
空気清浄機を利用しているので安心だと考えるのは要注意です。

化学物質は温度が高いとより多く発生することがわかっています。
その性質を利用して、意図的に室内の温度を高くして建材から化学物質を放出させ、その後換気をして、汚染物質を室外に出すということを数回行う「ベークアウト」という化学物質の放出を抑制する方法があります。請負業者などもありますので、新築への引っ越しやリフォームを行った際には専門家に相談をして、入居前に予防をするというのも予防策のひとつです。

室内の汚染物質が化学物質であれ、煙草の煙や埃などのようなものであれ、汚染された空気を外部に排出するという点では、「換気」という方法がもっともシンプルで有効な方法です。
1時間に数回は空気の入れ換えをすること、または換気扇による24時間換気などを実践するようにしてください。

家族みんなが健康に暮らせる家を目指して、「汚染されていない清潔な空気」についてみんなで考えていきましょう。

 
 
>> このページのトップへ
Copyright (C) 2005 e-air.cc. All Rights Reserved.